スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    一人称はムズカシイ

    ども、秋林です、こんばんニャ!
    「キンドル、どれにしようかな~?」と悩んでいる真っ最中なう、です。

    (近況はこのへんで幕)

    10月に入ってサイバーシープで2本感想を書きました。
    書いてふと気づいてみれば…どちらも一人称作品でした。ありゃまー。
    (正確にいえば、そのうち1作品は途中から三人称になるので、まるまる1冊一人称とはいえない)

    友人と寝てはいけない (キャラ文庫)友人と寝てはいけない (キャラ文庫)
    (2012/08/25)
    鳩村衣杏

    商品詳細を見る

    そしてなぜか絵師も小山田あみさんで、リリース時期まで一緒とゆー…なんなんでしょ?
    (3年前の『恋ひめやも』と『はつ恋』みたいー…でも今回の2作品は設定も話もカブってません)

    僕に愛を語るな(ドルチェノベルズ)僕に愛を語るな(ドルチェノベルズ)
    (2012/08/25)
    結城 瑛朱

    商品詳細を見る

    作家に信頼を置いているということ、あらすじを読んでそれなりに好みだと判断したこと、そしてなによりタイトルに思いっきり惹かれてしまったことから、8月はなーんにも悩むことなくこの2作を本屋さんで買ったんですけど、買ってから「あー一人称だったかー」と気づきまして、ほんの少しやっちまった感を味わいました。

    いやね…そのね…私め…一人称BL(ライトノベル)が正直しんどいんですよ…。

    キャラクターや話に魅力があり共感しやすいならばいいんですが、ちょっとでもズレが生じると「アタシだったらこうするんだけどなあ~」「なんでそうするんだろう」「その設定おかしくない?」とかなんとか思っちゃって、なかなか読み進めない状態に陥っちゃうんです。♪少しのズレも許せない~せこい人間になってたよ~♪

    どんなに共感を阻むストーリーやキャラだったとしても、作家が想像力豊かに綺麗にウソをついてくれると読めます。簡単にいえば、納得させるほど説得力がある作品ならば共感や好みなんてさほど問題ではない、単純に面白いと感じるのです。だけれど…そんな風に思える一人称作品、マジ少ないですよ…。

    ただここでひとつ大きな問題があって。実は私が「面白くない」と書く作品は、大多数の方が「面白い」とお答えになるのです。私のほうが圧倒的マイノリティ。よって「自分好みでないから面白くない」と書くことがツライのなんのって!私は萌えを語るタイプではないし、できれば中立でいたい、「好み」を評価の重要ファクターにしたくない…そして頭の中を過っていく「自分の萎えは他人の萌え」。

    一人称作品で引っかかるたび、自分のこだわりがマジ煩わしいです。せこいだけでなくせまいよなあ…。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    Comment

    Post comment

    Secret

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。