スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    これも過渡期?

    どもども、秋林です。
    月イチ登場がシャレでなくなり始めた風前の灯ブログを更新したいと思います。

    まずは…拍手、ありがとうございます☆
    風前なのにビックリだー、本当に感謝感謝です。

    腐歴がムダに長くふと立ち止まって気づいたことに対し、「ホントにその通りだと思いました」とコメントくださったFさん、そして中央書店のプレミア待遇に「困ることはあるだろうけど、仕方がないかな~」というコメントくださったGさん(同感ですわ!)…お声掛けありがとうございました!

    これからも当へっぽこブログをよろしくお願いします。

    話は変わって。

    1年を振り返るにはまだ早すぎるんですけども、「今年は~な年だなあ」という流行りはすでに感じていて、このままいけば今年は「売れっ子作家or人気シリーズは書籍」になるような気がします。

    なんじゃそりゃ?

    いやその…出版不況と云われて久しいこの数年、BLノベル界も新書サイズがどんどん減っていって文庫が多くなり、さらにその文庫も値上がりして「こんなんでどーやって電子書籍に移行するんやろか…」などと思っていたら、売れそうな作家or作品は文庫・新書スルーの(ほぼ)書籍でお値段1500円前後、と差別化されてきたなあということです。

    具体的に例を挙げれば。

    HARD TIME ~ DEADLOCK外伝HARD TIME ~ DEADLOCK外伝
    (2012/08/24)
    英田 サキ

    商品詳細を見る

    eroticaerotica
    (2012/08/20)
    榎田 尤利

    商品詳細を見る

    灼視線 (二重螺旋外伝)灼視線 (二重螺旋外伝)
    (2012/06/26)
    吉原理恵子

    商品詳細を見る

    売れる作家or人気シリーズで魅力的な絵師の挿絵を付ければ固定ファンは買ってくれる、つまり高くても売れる…ということでしょうか。昔は「書籍で出た」→「文庫化」だったのになあ。もちろん本の単価が上がれば作家への印税も多くなるので、この不況の中、BL作家にはなんとしても頑張って欲しいと思ってる私としては、お値段の高めでもそれならいいよー」と云いたいんですが…熱狂的作家orシリーズファンでない上になんだかどれもビミョーでして。

    『灼視線』 → そもそもシリーズに興味がない(すみません…)
    『DEADLOCK外伝』 → いつまでこのシリーズ続けるんだろう?終われないんやろか?(冷たい秋林さん)
    『erotica』 → 再録がある(オール新作だったらなあ)

    文庫に慣らされた読者が多いBL小説界なので、どんなに人気作家orシリーズだろうと「文庫でいい内容だわ」と少しでも読者が思ってしまったら、「(このお値段)なんだかな~」という印象を持たれてしまうのではないでしょうか?個人的には、エダさんのはまあいいかなと思う…他の2冊は…う~ん…。結局「値段が気に入らねば、買わなければいいじゃん」になっちゃいますが。

    さてはて…こんな状況でどう電子書籍に移行するんだろう…。
    (移行バンザイ派ではないですが、時代の流れとして)

    関連記事
    web拍手 by FC2

    Comment

    No title

    こんにちは。

    出版社に乗せられて、3冊とも買ってしまいました(笑)
    3冊の私の満足度は、英田さん>榎田さん>吉原さん・・・でした。

    ついでにいうと、リブレの「小説ファインダーの刻印」まで買ってしまいました。
    10月はフレブラの書籍もありますしね。
    もう出版社の思うツボですね(笑)

    >差別化されてきたなあということです
    私もそう思います。以前から、榎田さんとか木原さんはノベルズが多いので、ノベルズでも売れる作家さんという認定をされてるのかなとは思ってましたが。
    木原さんあたりも、書籍でも売れそうですよね。

    アマゾンの売上ランキングみると、書籍でも、人気作家さんや人気シリーズだと売れるみたいですし。
    なので、この傾向は続くかもしれませんね。
    財布には痛いですが、出版社にも大人の事情があるでしょうから、半分仕方がないかなとは思ってます。

    2012.10.01 (Mon) | みずほ #- | URL | 編集

    > こんにちは。
    こんにちは☆

    > 出版社に乗せられて、3冊とも買ってしまいました(笑)
    > 3冊の私の満足度は、英田さん>榎田さん>吉原さん・・・でした。

    出版社はみずほさんのような方を大切せなアカンですわ!
    外伝という位置づけの作品を書籍で出す(または~記念とか)、みたいな形式ですよね。
    内容の満足度や評価は人それぞれだと思いますが、
    外伝ではないという理由から、私は「エダさんのはまあいいかな」と感じたのでした。
    (満足度ではどうかな…上手い=面白いとは限りませんし)

    > ついでにいうと、リブレの「小説ファインダーの刻印」まで買ってしまいました。
    > 10月はフレブラの書籍もありますしね。

    > もう出版社の思うツボですね(笑)
    私はみずほさんの腐的バイタリティを見習わないと…ぐは!

    > >差別化されてきたなあということです
    > 私もそう思います。以前から、榎田さんとか木原さんはノベルズが多いので、ノベルズでも売れる作家さんという認定をされてるのかなとは思ってましたが。
    > 木原さんあたりも、書籍でも売れそうですよね。

    同じこと思ってました。木原さんは逆に文庫で出ると新鮮で。

    > アマゾンの売上ランキングみると、書籍でも、人気作家さんや人気シリーズだと売れるみたいですし。
    > なので、この傾向は続くかもしれませんね。

    一昔前は「小冊子企画」が作家のステイタスのバロメーターだったように思えるのですが、
    今は「書籍」なのかも…。

    > 財布には痛いですが、出版社にも大人の事情があるでしょうから、半分仕方がないかなとは思ってます。
    同感です。
    そして本の値段が上がれば作家への印税の額も増えるので、まあいいかなと思ってます。
    できれば「外伝」だったり「記念」だったりのくくりでない、新作で勝負してみて欲しいですけど…。

    2012.10.02 (Tue) | 秋林 瑞佳 #hMgDs1Uk | URL | 編集

    Post comment

    Secret

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。