スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    一瞬が永遠

    朝南かつみさんが亡くなったという衝撃の一報から1日経過しました。

    才能あふれる絵師が志半ばで逝ってしまうこと、それを葬(おく)らねばならないことがあまりにつらく…無念至極であり、心はやるせない思いでいっぱいです。

    美麗な絵を描くマンガ家やイラストレーターはBL界でも数多く存在しますが、その中でさらに「1枚の絵にストーリーと世界観を描くことができる人」となると、実はとても少なかったりします。

    平積みされている数々のBL作品の中でもパッと目を惹く表紙、すぐに朝南さんの絵だとわかります。
    その煌き、一瞬が永遠のように思えたものです。

    絵を見るとその絵師の仕事に対する考え方がなんとなく伝わってきます。
    (そう思いませんか?)
    絵って雄弁なんですよね…でもそれはトップ絵師の作品であれば、当たり前のことなのかもしれません。

    朝南さんの手掛けられた作品を見るたびに、いつも「この絵師さんはものすっごい仕事に対して真摯な方だろうな、作品を重ねるごとにどんどん良くなってきているから、いろいろ研究しているに違いない」と思っていました。

    がしかし、本編がしょーもない内容だったりして「朝南さんの力でレベルが上げられているな、こりゃ」「なんてもったいない」「朝南さんの絵は素敵なのに」とガッカリする作品の絵付けが少なくなかったのも事実で、素晴らしい作品に絵付けされて実力と一致したときは、とてもとても感動したものです。

    個人的にどの作品に思い入れがあるかといえば、『忘れないでいてくれ』かな…。
    初めて「絵師と作家の実力や特性が一致した」と感じた作品だからです。
    表紙・口絵・挿絵…それらすべてが、です。

    カラー表紙が素晴らしいのは当たり前の絵師さんだったので、美麗だけなら他の作品を挙げますけど…私は『忘れないでいてくれ』がどうしても忘れられません。今となっては…そのタイトルがまるで強いメッセージのようで…ただただ無念になるばかりです。

    夜光さんの公式ブログに、その『忘れないでいてくれ』から始まった朝南さんとの交流や、どういう方だったかというお話が書かれてあります。私は『忘れないでいてくれ』のスピンオフ(塚本の話)を熱望していたので、お話の中に出てきた「一緒に仕事ができる」というのが、そのスピンオフのことだったのかなと思うと(あくまで推測です)…夜光さんの無念も伝わってきて胸が締め付けられて悲しく…言葉に詰まります。


    忘れられない、忘れることなどできない絵師さんです。


    心よりご冥福をお祈り致します。Requiescat in Pace
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    2012年の抱負

    年末年始に体調崩してグズついていたら、すっかり出遅れました。
    (私のこと覚えていらっしゃいます?)
    ご挨拶が送れてすみません…今年もどうかよろしくお願いします。

    で、いまさらながら今年の抱負を。

    BL作品を読んだり音楽を聴いたり映画を観たりする際、「時代」という観念と意識が、私の中に漠然としながらも大きく存在しているなあと最近気づきました。

    簡単に書けば、「プロダクトは出版/公開/発表された年にもっともパワーがある。だから(それを)逃すな」「その一瞬が永遠である」ということ。

    たとえば、私はあるバンド(正確に云えばボーカル&ギターのユニット)がずっと好きで、売れてない頃から曲を聴いてファンクラブに入会し、ツアーは89年から欠かさず参加しているのですが、今の彼らが当時よりどんなに上手くなり、また音楽機材や環境のクレードが上がったとしても、1990年に発表した曲を今の彼らが演奏したところで、当時放ったパワーや煌きは感じられません。

    中学生の頃に観た映画――今観ても面白いけれど、最初と同じ感動は決して味わえないし、「公開当時はどうだったかな~」「あの頃の自分は何やってたんだっけ?」という思いに心が馳せてしまいます。

    プロダクトはプロダクトで、時を経たことで別の魅力があらわれ加わり、二度美味しく頂けるような変化を見せたりします。ですが、それよりもなによりも「二度とあの頃の感動はない」というセンチメンタルな思いとともにわき上がってくる、「旬の魅力(パワーや煌き)を外さなかった自分は幸運だ」という時代と生きたプロダクトへの愛しさが、私には大切なようです。

    小説やコミックの時代設定がいつであれ、登場するキャラクターや語られるストーリーはその時代を象徴しています。

    私は、BL作品に対しても「時代」を逃したくありません。
    駄作だろうと傑作だろうとそれは同じです。
    発表された時代に心に刻み付けたいのです。
    作品自体の面白さとは別に自分なりの価値を見出している、というか。
    …そんなことを考えて作品を読んでいる人は少ないでしょうけど。

    (たとえば、圧倒的支持を受けていた作品に対し、当時の自分はまったく面白さを感じず、再読した際にその面白さを知ったとします。それはそれで「あのときの自分にはダメだったんだな、でも出た当時に読めてよかったや」と思えます。ガッカリ感はないです。なぜなら圧倒的な支持を受けていたという、作品の旬に放たれたパワーと煌きを覚えているからです。逆に読んでいなかったら…「外した自分はバカだ」と超ショックを受けるでしょう)

    サイバーシープで「積読を減らしたい」と書いたのは、そういう理由からです。

    私の場合――

    「積読にする」=「なんとなく時代性を感じていない」
    「すぐさま読む」=「なんとなく時代性を感じている」

    感性や感覚の話になるのでわかりにくい表現になりますが、直感頼りに肌で時代性を感じ、第六感的に嗅ぎ分けているようです。そんなやり方なので、取りこぼしは滅法多く、金銭的・物理的にも無駄なことをやっているなあと自覚しています。

    積読を減らすには、どうしたらいいのか?

    ローラー作戦であれもこれもと読むタイプではありません。
    (ビコーズ、読書好きとは決していえないし、別の趣味もあるから)
    とにかく効率を上げたい。

    だったら、感覚を研ぎ澄ませて感性を磨くしかない。
    視野を広げてアンテナを張り巡らせねば――って、いざ実行するとなると…ものすっごい難しいですね。


    ガンバリマス。
    関連記事
    web拍手 by FC2
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。