スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    絵がない理由

    サクラ咲ク (リンクスロマンス)サクラ咲ク (リンクスロマンス)
    (2013/01/31)
    夜光 花

    商品詳細を見る

    どういう絵になっていたんだろうか?
    そう思うと…せつなくなったり。

    挿絵をつけない。
    私は英断だと思っています。
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    あけましておめでとうございます

    wb02

    今年もよろしくお願いします。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    2013年はこんなBL作品が読みたい

    ・ムダのない、すべてが洗練されている作品
    ・作家の情熱が最初から最後まで感じられる作品
    ・パーフェクトに完結し、安易な続編は不要とする作品
    ・【コミック】オサレ系やヘタウマ系ではなく純粋に絵が上手くて美しく、そして構成力・漫画力のある作品
    ・【ノベル】似たり寄ったり(キャラ・題材・話・表現など)を打破する作品

    たぶん私は…「この作品の完成度を高めるにはどうしたらいいだろう?」と作家側がものすごーく考えて仕上げてきた作品を求めているのだと思います。キャラと萌えばかり優先して、話がおざなりな作品はもう結構。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    一人称はムズカシイ

    ども、秋林です、こんばんニャ!
    「キンドル、どれにしようかな~?」と悩んでいる真っ最中なう、です。

    (近況はこのへんで幕)

    10月に入ってサイバーシープで2本感想を書きました。
    書いてふと気づいてみれば…どちらも一人称作品でした。ありゃまー。
    (正確にいえば、そのうち1作品は途中から三人称になるので、まるまる1冊一人称とはいえない)

    友人と寝てはいけない (キャラ文庫)友人と寝てはいけない (キャラ文庫)
    (2012/08/25)
    鳩村衣杏

    商品詳細を見る

    そしてなぜか絵師も小山田あみさんで、リリース時期まで一緒とゆー…なんなんでしょ?
    (3年前の『恋ひめやも』と『はつ恋』みたいー…でも今回の2作品は設定も話もカブってません)

    僕に愛を語るな(ドルチェノベルズ)僕に愛を語るな(ドルチェノベルズ)
    (2012/08/25)
    結城 瑛朱

    商品詳細を見る

    作家に信頼を置いているということ、あらすじを読んでそれなりに好みだと判断したこと、そしてなによりタイトルに思いっきり惹かれてしまったことから、8月はなーんにも悩むことなくこの2作を本屋さんで買ったんですけど、買ってから「あー一人称だったかー」と気づきまして、ほんの少しやっちまった感を味わいました。

    いやね…そのね…私め…一人称BL(ライトノベル)が正直しんどいんですよ…。

    キャラクターや話に魅力があり共感しやすいならばいいんですが、ちょっとでもズレが生じると「アタシだったらこうするんだけどなあ~」「なんでそうするんだろう」「その設定おかしくない?」とかなんとか思っちゃって、なかなか読み進めない状態に陥っちゃうんです。♪少しのズレも許せない~せこい人間になってたよ~♪

    どんなに共感を阻むストーリーやキャラだったとしても、作家が想像力豊かに綺麗にウソをついてくれると読めます。簡単にいえば、納得させるほど説得力がある作品ならば共感や好みなんてさほど問題ではない、単純に面白いと感じるのです。だけれど…そんな風に思える一人称作品、マジ少ないですよ…。

    ただここでひとつ大きな問題があって。実は私が「面白くない」と書く作品は、大多数の方が「面白い」とお答えになるのです。私のほうが圧倒的マイノリティ。よって「自分好みでないから面白くない」と書くことがツライのなんのって!私は萌えを語るタイプではないし、できれば中立でいたい、「好み」を評価の重要ファクターにしたくない…そして頭の中を過っていく「自分の萎えは他人の萌え」。

    一人称作品で引っかかるたび、自分のこだわりがマジ煩わしいです。せこいだけでなくせまいよなあ…。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    これも過渡期?

    どもども、秋林です。
    月イチ登場がシャレでなくなり始めた風前の灯ブログを更新したいと思います。

    まずは…拍手、ありがとうございます☆
    風前なのにビックリだー、本当に感謝感謝です。

    腐歴がムダに長くふと立ち止まって気づいたことに対し、「ホントにその通りだと思いました」とコメントくださったFさん、そして中央書店のプレミア待遇に「困ることはあるだろうけど、仕方がないかな~」というコメントくださったGさん(同感ですわ!)…お声掛けありがとうございました!

    これからも当へっぽこブログをよろしくお願いします。

    話は変わって。

    1年を振り返るにはまだ早すぎるんですけども、「今年は~な年だなあ」という流行りはすでに感じていて、このままいけば今年は「売れっ子作家or人気シリーズは書籍」になるような気がします。

    なんじゃそりゃ?

    いやその…出版不況と云われて久しいこの数年、BLノベル界も新書サイズがどんどん減っていって文庫が多くなり、さらにその文庫も値上がりして「こんなんでどーやって電子書籍に移行するんやろか…」などと思っていたら、売れそうな作家or作品は文庫・新書スルーの(ほぼ)書籍でお値段1500円前後、と差別化されてきたなあということです。

    具体的に例を挙げれば。

    HARD TIME ~ DEADLOCK外伝HARD TIME ~ DEADLOCK外伝
    (2012/08/24)
    英田 サキ

    商品詳細を見る

    eroticaerotica
    (2012/08/20)
    榎田 尤利

    商品詳細を見る

    灼視線 (二重螺旋外伝)灼視線 (二重螺旋外伝)
    (2012/06/26)
    吉原理恵子

    商品詳細を見る

    売れる作家or人気シリーズで魅力的な絵師の挿絵を付ければ固定ファンは買ってくれる、つまり高くても売れる…ということでしょうか。昔は「書籍で出た」→「文庫化」だったのになあ。もちろん本の単価が上がれば作家への印税も多くなるので、この不況の中、BL作家にはなんとしても頑張って欲しいと思ってる私としては、お値段の高めでもそれならいいよー」と云いたいんですが…熱狂的作家orシリーズファンでない上になんだかどれもビミョーでして。

    『灼視線』 → そもそもシリーズに興味がない(すみません…)
    『DEADLOCK外伝』 → いつまでこのシリーズ続けるんだろう?終われないんやろか?(冷たい秋林さん)
    『erotica』 → 再録がある(オール新作だったらなあ)

    文庫に慣らされた読者が多いBL小説界なので、どんなに人気作家orシリーズだろうと「文庫でいい内容だわ」と少しでも読者が思ってしまったら、「(このお値段)なんだかな~」という印象を持たれてしまうのではないでしょうか?個人的には、エダさんのはまあいいかなと思う…他の2冊は…う~ん…。結局「値段が気に入らねば、買わなければいいじゃん」になっちゃいますが。

    さてはて…こんな状況でどう電子書籍に移行するんだろう…。
    (移行バンザイ派ではないですが、時代の流れとして)

    関連記事
    web拍手 by FC2
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。